【お仕事】老いの重荷は神の賜物 (著) 樹木 希林

コンシェルジュ・バミが編集を担当させて頂いた

書籍が完成いたしました~☆

 

スラスラ読めて、しかし、心にしみわたる

人生を楽に、楽しくしてくれる本になっています!

 

 

老いの重荷は神の賜物

著:樹木 希林

『老いの重荷は神の賜物』 樹木 希林

 

 

 


~内容紹介~

昨年9月の訃報から1年。

今なお愛され続ける個性派女優の本音トークをまるごと収録。

「全身がんに冒されて」「老いとのつきあい方」「女優として」「衣食住」etc…。

希林流があふれる洒脱な人生読本。生きるヒント満載!

 

 

[目次]

プロローグ 朗読『最上のわざ』

第1章 長岡輝子さんと『最上のわざ』
琵琶と私と妹
映画『ツナグ』と『最上のわざ』
養老院で見た長岡さん
宮澤賢治のふるさとで

第2章 老いの重荷は神の賜物
私と病気
がんになって思うこと
全身がんと生きる
私のまわりのがん患者たち
病気は神からの賜物

第3章 女優の道を歩んで
自分の身体をとことん使う
自分をさらけだす仕事に

第4章 私の「衣・食・住」雑感
「衣・食・住」のこだわり
正岡子規の食日記

第5章 これからの私
折口信夫と私たちの神さま
ひとりの日本人として

第6章 質疑応答
第7章 杉村春子さんの思い出

 

 

 

 

みなさんも樹木さんの自然体で自由な生き方から

いろいろなヒントを受け取ってくださ~い♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA